×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

RSS

News 2009

すごいぞマリコ、7得点!

[2009.02.01]

シュート練習するマリコ

シュート練習するマリコ

2月1日、この日メスカブラス唯一の練習参加となったマリコが存在感を猛烈にアピールした。
チュパ内で行なわれた4人対4人のゴレイロ無しでの変則マッチでは、メスを感じさせないゴールへの嗅覚でネットを揺らし続け、計7得点を決めた。
さらに8人対8人の対外試合でFWとして出場すると、女子として一人奮闘、豊富な運動量を誇るマツオーネと共に前線から積極的なディフェンスを仕掛けて相手のミスを誘い、ゴールへのきっかけを生み出すなど、得点こそなかったもののクラブの2-1での勝利に見事に貢献した。
対外試合の得点者はズッキー(マツオーネ)、マツオーネ(マッジォ)。 ※ ()はアシスト
練習後この日の得点王となったマリコは記者に囲まれると、「今日は帰ったらスウィーツ食べよ〜。自分へのご褒美〜。(メスカブラス点取り屋ミカについて聞かれ)ミカ?そういう時代もあったよね〜、でももう過去の話だから〜。」と上機嫌。
メスカブラスは泥沼の新時代を迎えようとしている。

エイジ、2試合連続ハットトリック!

[2009.01.25]

ボレーシュートを放つエイジ

ボレーシュートを放つエイジ

2008年後半から練習生として参加中のエイジが、対外試合で大量得点をあげる活躍をみせた。
25日の練習は参加メンバーが5人(エイジ、サノ、シミズ、フトッティ、マッジォ)だったため、他2チームを交えての練習試合を行なった。
ピヴォとして試合に出場したエイジは、落ち着いた動きとキレのあるドリブルで相手を翻ろうし、5試合で10点近くを決め、見事に得点王となった。
一部マスコミから、この日視察に来ていたチュパカブラス首脳陣がエイジ獲得に動きだしたと報じられた。
エイジが加入すれば、点取り屋不在で悩んでいたクラブにとって恵みの雨になることは間違いない。

シミズ、ジェーに勝利!

[2009.01.18]

シミズ、ジェーとのチャーハン対決に勝利

シミズ、ジェーとのチャーハン対決に勝利

バーミヤンにてジェー対シミズのチャーハン大食い対決が行なわれた。
負けた方が代金を全額支払うというルールで、2皿目までは快調に食べ進めたジェーだったが3皿目で急激にスピードダウン、いきなり「5皿はムリだね。」と事実上の敗北宣言。一方のシミズは4皿をぺロリと完食、胃袋の違いを見せつけた。
勝負に負けたジェーは、お互いの食べたチャーハン代4000円を支払うはめになったものの、「次の相手はタケルソンだ!」と全く懲りた様子はない。
希代のかませ犬として円熟期を迎えた彼の挑戦は、たった今始まったばかりだ。

浦安で練習試合

[2009.01.18]

ゴール前に走りこむフトッティ

ゴール前に走りこむフトッティ

浦安の運動公園でジェーの友人のチームとの練習試合が行なわれた。
相手チームは男子4名と女子という編成だったため、ミックス対オスカブラスという変則マッチとなり、試合はオスカブラスが無敗で勝ち越した。
ムラタの自身初の有給休暇を使っての男気あふれる参戦のほか、モリタブラザーズとヒロミもひさびさの参加。マリコも撮影係として駆けつけてくれたが、あまりのブレ映像のために一部サポーターからテレビにピータンが投げつけられるなど、ブーイングは鳴りやまなかった。

オスカブラス、メスカブラスに辛勝

[2009.01.17]

ジェーのとある失言により急遽チュパカブラス男子チーム対女子チームの試合が行なわれた。
オスカブラスのメンバーはサノ、シミズ、フカダ、フトッティ、マッジォ。対するメスカブラスはカズゥ、マリコ、ミカ、ユリコのほか、エイジ、ジェー、マツオーネを加えたメンバー。
ルールはオスカブラスはゴレイロなし、メスカブラスはジェーがゴレイロを担当、エイジとマツオーネのどちらか1人がベンチという設定で行なわれた。
試合はメスカブラスが勝利するという大波乱。オスカブラスは泣きの2試合目を要求し、サドンデスゴールで辛くも勝利、勝負は3試合目に委ねられた。運命の最終戦は体力の差でオスカブラスが2-0で勝ち越し、なんとか男子の面目は保たれたものの、あまりのふがいない結果に一部サポーターからテレビにピータンが投げつけられるなど、ブーイングは鳴りやまなかった。

マッジォもう肉離れ!

[2009.01.10]

マッジォが両足肉離れをおこした瞬間

マッジォが両足肉離れをおこした瞬間

この日が蹴り初めだったマッジォは、試合中にゴレイロからのパスを自分の身体の限界を超えた体勢でトラップしたため、両足を肉離れするアクシデントに見舞われた。
浦安での対外試合を控えた時期に、試合の欠場も心配されるが、本人は「自分の体を(違う意味で)あなどっていた。同じケガを繰り返さないようトレーニングに励みたい。試合?問題ない、間に合わせるよ。まだまだ若手や高校生には負けられないからね。」と強気のコメント。
選手として円熟期を迎えた彼の青春は、たった今始まったばかりだ。

新年あけましておめでとうございます

[2009.01.01]

今年もチュパカブラスします!

Page top

※このサイトの半分はフィクションです。実在の人物、団体、出来事とは一切関係ない部分があります。